沖縄では『豚は鳴き声以外全て食べる』というのは本当?

2015年12月18日

豚さん

年末年始、みなさんはなにを食べますか?

やっぱり年越しそばとかお雑煮ですよね。

しかし、沖縄は豚肉を使った郷土料理がメインなんです。

豚のレバーなどの内臓を使った中身汁に、豚と昆布の炒め物のクーブイリチーなど、いろいろあります。

そこで気になったのが、『豚は鳴き声以外全て食べる』という沖縄のうわさ。

これは本当なのか、調べてみました!

 

いつもの食卓に いつもと違う食器で 新たな彩りを

ソーキ

ソーキ汁

引用元:http://okiguru.seesaa.net/article/415601289.html

半身の胴から背骨、あばら骨を分けた部位。

いわゆるスペアリブ(骨付き肉)といい、ソーキ汁や沖縄そばにのせて食べるとおいしい♡

Aロース・Bロース

ロース肉

引用元:http://okcorp.co.jp/recipe/index.html

背骨が付いていた上の部分を切り分けた部位。

Aロースはヒレ肉と並ぶ最上部位の肉で豚ロース肉として、Bロースは脂身が多く濃厚な部位の肉で豚肩ロース肉として売られています。

三枚肉

沖縄そば

引用元:http://tagoo.jp/docs/archives/5526

ソーキとロースを切り分けた部位。

バラ肉と言われている部分です。

脂肪分が一番多い部分なので、チャンプルーやラフテー、沖縄そばなどのコクのある料理に合います。

チラガー

チラガー

引用元:http://r.gnavi.co.jp/n241200/menu3/

顔の皮の部位。

細かく切り分けて焼いたり、野菜と炒めたりして頂きます。

ゼラチン質のプルプルした食感が特徴ですが、わりと歯ごたえもあります。

ミミガー

ミミガー

引用元:http://r.gnavi.co.jp/t107905/menu2/

耳の皮の部位。

チラガーとしてではなくミミガーのみで販売されることも多く、コラーゲンたっぷりでコリコリとした食感に人気があります。

その他顔の部位

はっちゃける豚

引用元:http://blog.goo.ne.jp/kouhei14915/e/a869453b9f0c42132d586e8718393bc1

舌(タン)やあご肉はもちろんおいしいです。

脳は白子のような濃厚さがあり、目はいろいろと調べるために研究機関に渡します。

食べられるところを全て切り取った後の頭蓋骨は捨てられます。

クンチャマー・シリー・メーグーヤー・シリグーヤー

クンチャマーは首肉、シリーは尻肉、メーグーヤーは腕肉、シリグーヤーはもも肉を意味します。

もちろん食べられます。

ただし、リンパ腺は切り落として売られています。

なぜなら、リンパ腺は病気などをろ過する場所のため、食べるのは危ないからです。

テビチ

テビチ

引用元:http://blog.livedoor.jp/teishaba_604/archives/cat_10040190.html

脚の部位、いわゆる豚足。

コラーゲンがたくさんあって、大根と合わせてじっくり煮ると最高に美味しいです。

お肉は食べられるのですが、さすがに爪は切るそうです。

その他部位

尻尾:炒めもの

皮や脂:ラード

心臓:サラダなど

肝臓:スープや研究用

その他内臓:中身汁

睾丸やおっぱい:食べられるお店もある

血液:野菜と肉を血で炒めたイーチリチーで使用

骨:出汁

まとめ

頭蓋骨、毛、爪、リンパ以外は全て食べられることがわかりました。

豚肉はほぼ余すところなく食すことのできる優秀な食材なんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美ら・琉へのフォローをお願いします!